薬用ちゅらトゥースホワイトニングでタバコのヤニを落とすことは可能?

薬用ちゅらトゥースホワイトニングでタバコのヤニを落とすことは可能?

製品を使用していつもの通り磨くだけで歯を白くしてくれる歯磨き粉、薬用ちゅらトゥースホワイトニング。

 

茶渋や軽い汚れならそれで落ちるかもしれないけれど、長年かけてしっかり歯と歯茎にまで染みついてしまったタバコのヤニも落とすことは出来るのか?落とす事が出来るなら、ついでにこれからタバコを吸い続けても黒くならない様に歯の保護も出来たりしないのか?タバコのヤニとは、そもそもどういったタイプの汚れで、どうすれば落ちる物なのかも調べながら、検証していきましょう!

 

タバコを吸って、歯が汚れる原因は?

 

タバコの「ヤニ」とよく言いますが、簡単に説明すると植物の樹脂です。タールと呼ぶ事もありますね。油状の成分の為、粘り気があって、一度付いてしまったら簡単には取れません。タバコには、ニコチンを肺まで行き届かせる為に入れられている様です。

 

タバコを吸う方は、最低でも1日に数本、ヘビースモーカーなら1日に1箱以上、それをほぼ毎日吸いますよね。そうなると、例え毎日歯磨きをしていたとしても、油状で粘り気のあるヤニ汚れはそうそう簡単に落ちるものではなく、そうして前の日に落し切れなかった汚れがさらに次の日も、また次の日も追加されていき、気がついた時には歯の表面の溝などにしっかりとこびりつき、歯茎にまで色がついてしまっている訳です。

 

こうなるともう色素が沈着してしまっており、表面だけ簡単に掃除した程度じゃ落としきれない汚れになってしまっています。普通のお茶やコーヒーの汚れより、タバコのヤニは、歯を汚しやすい&一度汚れたら落としにくい性質があるのです。

 

ヤニ落としに有効な成分は入っているのか?

 

タバコのヤニ汚れの性質が分かったので、次はヤニ汚れに有効な物を探しましょう。

 

「研磨剤でゴシゴシこすって落とせばいいじゃん!」と考えがちですが、これは絶対にいけません!研磨剤で、しかも強い力で歯をこすると、歯の表面が傷ついて凸凹を作ってしまい、今後タバコを吸った時により落ちにくい所まで汚れを付着させてしまう事になります。これでは逆効果ですね。

 

厚生労働省が薬用はみがき製造基準を発表した中に、ヤニ汚れに有効な成分を公式に発表しています。それは以下の3つの成分です。

 

@ポリリン酸ナトリウム
Aポリエチレングリコール
Bマクロゴール

 

【参考】https://www.pref.saitama.lg.jp/a0707/documents/0325-37.pdf

 

あれ・・・でも薬用ちゅらトゥースホワイトニングにはこの成分は入っていませんね?

 

医薬部外品という事は、厚生労働省が効果を認めているという事なのですが・・・。薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、別にタバコのヤニ落とし「専用」の歯磨き粉ではありませんので、そのへんは問題ナシという事なのかもしれません。確かに公式でも具体的に「タバコのヤニの除去が出来る」とは宣伝しておらず、あくまで「タバコの汚れ」と表現したり、体験者の「体験談」という形で書かれているのみですからね。

 

まとめ!専門成分が無いから効かない!とは言えない。

 

これでヤニを落とせますよ!絶対大丈夫ですよ!とは言い難い結果となってしまいました。ですが逆に、厚生労働省が提示した成分でないと絶対にヤニが落とせないとも言い切れないのもまた事実です。厚生労働省が提示した成分を含んでいる薬用歯磨き粉の口コミやレビューも見てきましたが「汚れが落ちないよ」というレビューがいくつもありましたので・・・何を信じればいいんだ!?ですよね。

 

何が原因でも汚れは汚れ、茶渋等が原因と同じステインと考えてしまえば、取りにくいかもしれないけれど、取れるかもしれないとも考えられる訳ですからね。研磨剤なしで他のステイン汚れを落とす事が出来るなら、タバコの汚れを継続的に落としていくのには良い仕様ではあります。

 

結局は「日々付着するタバコのヤニ汚れ」<「歯磨き等で落とす汚れ」となる様にしなければ永遠に歯を白くするのは無理ですから、歯磨き粉のチョイスに加え、歯の磨き方を変えたり、タバコの本数を減らす等しないと自宅ケアで歯を白くするのは難しいでしょう。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングが1000円オフに!